Profile

1969年東京生まれ。
沖縄の八重山諸島を主なフィールドとして
教育用の動植物や自然写真を撮影する傍ら、
広告写真も手掛ける。

幼少の頃から自然や昆虫に興味があった事
もあり、現在はライフワークとして蝶を
はじめとする昆虫の飛翔写真にも力を
入れている。

魚眼レンズとストロボを使用して撮影する
ワイドマクロの手法を用いた昆虫写真で
独自の世界を構築。

現在、オリンパスの写真投稿サイト
FotoPus(フォトパス)の虫コミュ管理人
としても活躍中。

SSP日本自然科学写真協会の理事を務める。
オリンパス・ズイコーデジタルアカデミー講
師。

Masaki Kuroyanagi was born in Tokyo in 1969.
He takes educational photos of the fauna and flora
of the Yaeyama Islands (Okinawa), and surrounding
areas, while working as a commercial advertising
photographer. Since childhood he has been
interested in nature and insects in particular, and
capturing images of flying insects such as
butterflies has become his life-long passion.
He often uses wide-macro or fish-eye lenses and a
stroboscope when taking these photographs.
He is a moderator for the entomological community
at Fotopus, a photo-sharing website supported by
OLYMPUS IMAGING, and he also serves as a
director of the Society Of Scientific Photography.